貸し別荘の基礎知識

TOPページ
貸し別荘の外観
貸し別荘のマナー
貸し別荘の宿泊料金
貸し別荘の宿泊料金2
お問い合わせ

貸し別荘の宿泊料金2

諸費用

貸し別荘を借りる際に、諸費用というものが発生する場合があります。
貸し別荘シーズンの夏場は、冷房代を別に料金設定に加えている業者が多いです。また、BBQコンロ代、温泉利用代、駐車場利用代、など事細かな請求を行う業者もいます。気付かず使用していて予算を大幅にオーバーしてしまったとなると後味の悪いバケーションになってしまいますよね。ですので事前にしっかり確認することを忘れないで下さいね。

貸し別荘の宿泊料金の仕組み

現在たくさんある貸し別荘は、別荘業者が管理していることがほとんどといえます。別荘業者とは、主に不動産業者の枝分かれの部署になっているところが大手では多いといえます。ですので、貸し別荘の宿泊料金とうのは、この親元の不動産会社が決めているということです。
一般の企業と変わりはありませんので、もちろん色々なところでコストダウンをはかってきます。コストダウンをするということは、私たち借りる側からしてみれば、良くないこともあります。それではコストダウンで発生する問題点を見てみましょう。

人件費削減の結果

人件費削減のために、大手の貸し別荘業者というのは、一番忙しい夏のシーズン期をアルバイトで補うことが多くみられます。この時期というのは学生のアルバイトの方達が多いですので、短期バイトになります。短期バイトということは、まだ貸し別荘の管理に慣れていないという事もありますし、また低賃金で雇われていますのでサービス面に関してもあまり期待はできません。
このようなことから、たくさんの別荘を所有している、貸し別荘業者の場合は注意することが必要です。

建物でコストダウン

コストダウンの方法で一番大きな金額が動くものは、古くなった建物を貸し別荘として使用する方法です。建物が古くても、しっかり清掃されていて管理が行き届いていれば全く問題はありません。
例えば、100年以上続いている旅館など日本には多くありますが、味があって居心地もよいところが多いですよね。
このようなことから、古い貸し別荘を選ぶ時は清掃・管理がしっかりされているか確認することです。いくら料金が安くても、ボロボロではくつろぐことも出来ませんので、注意して下さいね。

Favorite

最終更新日:2016/6/29

 
Copyright (C) 貸し別荘  All Rights Reserved